読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯金ゼロの初心者が資産運用してみるブログ

ロボアドバイザー|ソーシャルレンディングなど

ロボアドバイザー比較

ロボアドバイザー 資産運用

投資先はロボアドバイザーに決まりましたが、その中でもいくつか種類があるのでどれにするか決めなければいけません。

その時リサーチした内容をメモ書き程度にまとめてみます。
詳しい解説は色んなブログ等でも語られているので要点だけ。
投資対象は色々違いがあるようなのですがわからないので省きます。

 

ロボアドバイザーまとめ

WealthNavi(ウェルスナビ)

一番有名なウェルスナビです。

  • 最低運用額 100万円
    (「WealthNavi for SBI証券」なら30万円。おそらくSBIで口座開設すれば、ということでしょう)
  • 手数料1%(3,000万円を超える分については0.5%)
  • DeTAX(デタックス 自動税金最適化)
  • 自動積立対応

初期投資として100万円が最低でも必要なのでそこが我々一般庶民にはネック。
それ以外はDeTAX・自動積立と機能性は他社よりも1歩リード。

THEO(テオ)

ウェルスナビに次いで人気の高いテオ

  • 最低運用額 10万円
  • 手数料 1%(3,000万円を超える分については0.5%)

ウェルスナビと比較すると初期投資が10万円からでも始められるのが魅力的。
自動積立がないのは残念ですが、その他機能性はウェルスナビに追随しています。

マネラップ(MSV LIFE)

お次はマネラップ

  • 最低運用額 1万円
  • 手数料 1%(を目指します)

最低額が1万円は私のように小額からしか始められない人間にはみりょくですね。
ただ、手数料が「1%を目指します」とあり、すごく不安に駆られました。

クロエ(Chloe)

お次はアプリのクロエ

  • 最低運用額 1万円
  • 手数料 0.88%
  • スマホアプリで完結

最低額1万円、手数料0.88%と他サービスに比べ敷居がとても低い。
スマホアプリでしか操作が出来ないようで他サービスに比べ私のような知識・お金のないユーザー向けに作られていると思われます。

大手金融系ロボアドバイザー

PORTSTAR(ポートスター)

  • 提案はしてくれるが運用までは自動でやってくれない(自分で投資信託なりを購入手続きする必要がある)
  • 手数料 0.5%

手数料は安いものの運用が自動化されていないのは初心者にとってはデメリット。
どうやらeMaxisという投資信託シリーズと連動していくと最も恩恵が得られるようです。よく聞くシリーズなので、ロボに頼らずとも運用できる人にとっては有益なサービスなのかもしれません。三菱UFJ国際投信投資顧問提供

SMART FOLIO(スマートフォリオ

  • 提案はしてくれるが運用までは自動でやってくれない(自分で投資信託なりを購入手続きする必要がある)
  • 手数料 0.55%

ポートスターとほぼ一緒ですね。(たぶん違うw)
要は自動ではやってくれません。そしてi-Mizuhoという投資信託シリーズが組み込まれているそうです。三菱UFJ国際投信投資顧問

 

今回のまとめ

色々調べてみましたが、機能面ではウェルスナビが一番良いと思いました。
自動積立対応なのが大きいですね。

ただ、SBIで開設したとしても30万円~というのが私的にキツイですね。
30万円貯まったら導入したいサービスですが、それより早く他のサービスも自動積立に対応する気がします。

テオとクロエで悩みましたが、貯金ゼロの私はテオを始めるまで数カ月かかりそうだったのと、クロエはリリースされたばかりだったのでブログの話題にもなるだろうという安易な考えでクロエを始めてみようと思います!

あとはソーシャルレンディングにも興味があるのですが、それは資金の問題で数カ月後になりそうです(/_;)

さて、次回はクロエについて書いていこうと思います。

それでは